出張講座 JASRACラーニングスクエア

出張講座JASRACラーニングスクエア

お申し込みフォーム

IP・エンターテイメント&ビジネスローフォーラム主催の講座「JASRACの役割とKENDRIXプロジェクトについて」が開催されました

2024年04月19日 企業系 担当講師名:JASRAC職員
IP・エンターテイメント&ビジネスローフォーラム主催の講座「JASRACの役割とKENDRIXプロジェクトについて」が開催されました

はじめに

2024年4月19日、JASRACラーニングスクエア11回目の出張講座が東京・銀座の貸会議室で開催されました。その内容と当日の様子をご紹介します。

1 応募者について

今回の応募者は、「IP・エンターテイメント&ビジネスローフォーラム」の代表を務める酒井さんです。

「IP・エンターテイメント&ビジネスローフォーラム」は、クリエイターに役に立つ法律情報等を提供することを目的として弁護士、行政書士、ミュージシャンを中心に2023年に開設されました。若いフリーランスのクリエイターの中には、JASRACなどの著作権管理団体に権利を委託していない方も少なくないことから、酒井さんは講座での学びを通して著作権を正しく理解することを目的として、本出張講座にお申込みをされたとのことです。

酒井さんは「あなたの動画投稿大丈夫?/あなたの楽曲は守られている?」というテーマで3コマで構成される以下の講座を企画し、うち1コマをJASRACのラーニングスクエアとして実施しました。

   【講義テーマ】                 【講師】
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
①AI時代のクリエーターの権利をどう守る        金井重彦(弁護士)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
②裁判で争われた音楽著作権              日向 央(元TBS)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
③JASRACの役割とKENDRIXプロジェクトについて     水谷 英彦(JASRAC企画部)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


2 講師について

今回の講座では、JASRACの役割やクリエイター向けのDXプラットフォーム「KENDRIX」に重点を置いて説明するため、JASRACでKENDRIXなどのデジタル技術活用を担当する職員の水谷・企画部主幹が講師を務めました。

3 受講者について

講座会場となった会議室には、若手からベテランまで幅広い年齢層のクリエイターや会社員など約20名の受講者が集まりました。受講したクリエイターの多くは、特定の事務所に所属せず、フリーランスの立場で創作・実演等の音楽制作に携わっています。

4 当日の様子・講義の内容について

当日は、金井重彦弁護士と元TBSの日向央氏の講義に続いて、JASRACによる講義が60分間行われました。

講義テーマは「JASRACの役割とKENDRIXプロジェクトについて」です。音楽クリエイターに必要な音楽著作権の知識について、次の項目に沿って学ぶ内容でした。

・What is KENDRIX?
・JASRACの紹介(数字で見るJASRAC)
・動画投稿サービスに動画を投稿する場合の注意点
・ブロックチェーンとJASRAC~これからの著作権管理に向けて

KENDRIXは、「クリエイターのDX推進」というコンセプトの下、創作活動や著作権管理に関する課題に対応するためのデジタルサービスとしてJASRACが開発したツール(https://kendrix.jp/)です。

「What is KENDRIX?」では、 KENDRIXがクリエイターの楽曲の存在証明(ブロックチェーン)とクリエイター自身の身元確認(eKYC)を実装するクリエイターDXプラットフォームであることを図解を交えて説明しました。

このほかに、「ブロックチェーンとJASRAC~これからの著作権管理」ではブロックチェーン技術の活用に至った経緯と今後のデジタル技術活用の展望について解説しました。

質疑応答の時間では、受講者から「KENDRIXを利用するにはJASRACとの信託契約は必要か」、「KENDRIXの音源類似チェック機能」、「公表時編曲した作品の取り扱い」などについて質問が寄せられました。

5 アンケートの結果

当日参加された受講生の皆様にはアンケートをお願いし、次のようなご意見をいただきました。

・管理手数料率、使用料の内訳などを初めて知ったので、JASRACへの理解が深まりました。
・KENDRIXを活用したい。
・著作権を巡る新たな動きを知ることは楽しい。

これ以外にも、多くの受講者の方が「音楽ビジネスについて、理解を深めていきたい。」と答えてくださるなど、好意的なご意見をいただきました。

最後に

IP・エンターテイメント&ビジネスローフォーラムの皆さん、この度はありがとうございました。出張講座JASRACラーニングスクエアでは、今後も様々な講座の開催を予定しています。

(文責:事務局員)

関連記事

  • 株式会社Earkth主催の講座「音楽ビジネスと著作権」が開催されました
    2024年03月07日
    社会人

    株式会社Earkth主催の講座「音楽ビジネスと著作権」が開催されました

    はじめに 2024年3月7日、JASRACラーニングスクエアの9回目の出張講座が株式会社Earkthで開催されました。その内容と当日の様子をご紹介します。 1 応募者について 今回の応募者は、株式会社Earkth(アークス)の久保田さんです […]

  • 中央労働災害防止協会 大阪安全衛生教育センター主催の講座「講義における教材利用と著作権」が開催されました
    2024年02月19日
    社会人

    中央労働災害防止協会 大阪安全衛生教育センター主催の講座「講義における教材利用と著作権」が開催されました

    はじめに 2024年2月19日、JASRACラーニングスクエアの第6回出張講座が中央労働災害防止協会 大阪安全衛生教育センターで開催されましたので、その内容と当日の様子をご紹介します。 今回の出張講座は大阪府河内長野市で開催されました。河内 […]

  • 一般財団法人自治体国際化協会主催の講座「著作権法入門」が開催されました
    2024年01月31日
    社会人

    一般財団法人自治体国際化協会主催の講座「著作権法入門」が開催されました

    はじめに 2024年1月31日、JASRACラーニングスクエアの第4回出張講座が一般財団法人自治体国際化協会で開催されました。その内容と当日の様子をご紹介します。 1 応募者について 今回の応募者は一般財団法人自治体国際化協会(CLAIR/ […]